三大国家資格となる司法試験に合格することでなれる弁護士。
当然のことながら難関で、誰にでもなれるわけではありません。

独立した弁護士は一般企業のようなリストラの心配もなく、平均して高収入の職業です。
サラリーマンに比べるとその人数は非常に少ないので、自分から動かない限り出会える可能性は非常に低いと言えます。

けれど教養があり誠実な弁護士男性は、きっとパパ活の助けとなるでしょう。
ここでは自分から弁護士と出会うために必要な3つのことを紹介しますので、是非参考にしてください。

好かれる女性像を目指す

勤務時間が変則的なために、仕事はとてもハードです。
基本的に依頼者の聞き手となって、それからが弁護士としての仕事となります。

ですのでプライベートの時間は、女性が聞き役となってリラックスさせてあげましょう。
自然な相槌を打てる聞き上手の癒し系が、弁護士の琴線に触れやすい女性です。

けれど弁護士は理系で教養があります。
『聞き上手=話を聞くだけ』ではありませんので、相槌の中にも自分の意見を織り交ぜるのは大切です。
弁護士男性と同レベルの知識や教養は必要ありません。

ですがニュースや経済新聞から、ある程度の一般経済や世相を意識するようにはしておきましょう。
感情を優先するような女性はあまり好まれませんので、5W1Hを意識した会話を心掛けてください。

弁護士と出会いやすい場所に行く

学生で弁護士と出会える場面はかなり限られてしまいますが、一番可能性の高いのは合コンです。
まずは弁護士のタマゴとなる男性と出会って、そこから弁護士の男性とのきっかけを作る。

合コンで初めから弁護士として既にキャリアを積んでいる男性と出会うこともできないわけではありません。
ただ、高収入の弁護士は相当な激務です。
合コンに限らず、あまり外での余裕を持った時間というのが作れません。

たまに参加するという男性はもちろんいますが、合コン好きな弁護士で高収入ということはほぼ無いので気を付けましょう。

もう一つは弁護士事務所でのアルバイトですが、最低限の事務能力は必要となります。
どうしても基礎的な知識がある法学部が優先されてしまうので、少し難しくなってしまいます。

パパ活サイトを使う

多忙で変則的な勤務時間である弁護士は、あまりプライベートでの時間が取れません。
そのため、高収入な弁護士ほど、外での出会いは難しくなってしまいます。

ハードワークであってもあまり関係のないネットでの出会いは有効な手段と言えるでしょう。
今は女性でも気軽に利用できるように配慮されたパパ活サイトも存在します。
目的にあわせて利用できるのでとても便利です。

プロフィールの検索も簡単にできるワクワクメールであれば、多彩な職種の中からでも簡単に目的の相手が見付けられます。
外での出会いが難しいかも、と感じたらパパ活サイトを使ってみるのがお薦めです。

まとめ

普通に過ごしているだけでは出会える可能性の低い弁護士の男性ですが、機会を自分から作ることでその可能性は上げられます。
知り合いというだけでステータスとも言える弁護士は、親しくなるためにある程度の自分磨きは必要となるでしょう。
ですが、難しく考えることはありません。要は真面目を心掛ければいいのです。

ですが出会うための場面が少ないということは確かなので、弁護士のタマゴからの出会いを探ったり弁護士事務所でのアルバイトをするといった工夫は必要となります。
それとあわせて有効活用していただきたいのがパパ活サイトです。

男女ともに登録人数が多いワクワクメールを使うことで、その可能性を一気に上げることができます。

細かい検索条件もつけられるので、収入や目的別の検索も容易です。
支援をしてくれる男性も、ここならきっと見付けることができるでしょう。

パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「お金持ちパパとの出会い」のページに戻る