※こちらの記事は実際にパパ活をした女性の話をまとめたものです。

当時住んでいた地域

大阪市中央区

交際クラブを利用していた当時の年齢

25歳

当時の職業

医療事務

交際クラブを利用し始めたきっかけ

医療事務の仕事をしていた当時、彼氏も作らず遊んでいました。

お給料がそんなに高くないのに、化粧品や美容グッズにお金をかけ日々自分磨きに励んでいるうちに周りの男性や見ず知らずの男性から声をかけられる機会が増え、少し自分自信がついたんだと思います。

自分と遊ぶことにお金を払う価値とかあるのかなー?って興味本意に「デート お金」など検索すると「デート倶楽部」というものがインターネットでたくさん出てきました。

色々あり分からなかった為、とりあえず一番上に表示されたサイトにアクセスしました。
こちらからの登録料は不要で、写真の掲載もしなくて良いとのことで、周りにバレることもないし、支払いなどリスクもないので気軽に登録してしまいました。

利用してみた感想

まず、サイトに登録しないといけないプロフィールを教えてほしいと、サイト側からメールにて連絡が来ました。
職種や年齢、スリーサイズや好きな服装、男性からのアプローチはどこまで可能か(デートのみ!や、お泊まりOK!など)、趣味なと複数質問があり返信しました。

サイト側からはメール連絡のみです。 

数日経つと、「デートを希望している男性がいます」と連絡が来ました。年齢や仕事、年収や体格などのだいっきらいのプロフィールも記載があり、自分の意思でデートするかを選べます。

デート日時をサイト側の人間をを通じてセットして頂き待ち合わせします。
1回の食事代金は男性支払いで、おこずかいとして都度女性に1万円支払ってくれます。 

食事して連絡先交換するだけで1万円もらえて、とても楽で美味しく稼げる楽しい仕事でした。

どんな男性に会いましたか?

まず始めは自営業の50代のおじさま。真面目そうで普段は家族想いで家族サービスばかりの日々だそうですが、ちょっと若い子と食事し話したくなったそう。

キャバクラは空間が苦手で行く気になれずデート倶楽部に登録したそう。
オシャレなお店でお食事し、おこずかいを頂き連絡先を

交換しましたが、帰り道お礼の連絡をすると「○○さんに会って話して楽しかったです。久しぶりに若い女性と話せて楽しかったですが、気がかりなこともあるので、今日限りにしましょう。ありがとう」と、とても紳士な方でした。 

次に出会ったのは歯科の開業医。
海外旅行好きの奥さまが海外に行った好きに若い子と遊びたかったそう。

お金は沢山持ってる雰囲気で、身なりもオシャレでカッコいい40代のおじさまでした。
その方とは何回かお食事し、数万円稼がせて頂きました(笑)

印象に残っているエピソード

歯科の開業医のおじさまとは、何回かお食事し、昼間のデートも数回しました。
ファッションが好きということで、デートは毎回お買い物。 

当時かなり痩せていた私をマネキン代わりに、お買い物に行っては「試着してー」と、試着室でファッションショー状態。それを一日何件かして、ついでにお洋服を買って頂いてました。

私の好きなブランドを伝え、一緒に見に行くと、彼も好きな雰囲気なファッションだったようで、またまたファッションショー。  

かなり気に入った様子で大喜び。
コートやパンツ、サンダルやブーツなどトータル10万円分位は買ってもらいました。

その日の夜も、ホテルのお店で高級ディナー!!

まるで「プリティーウーマン」のような一日でした。

これから交際クラブを利用する女性へひとこと

若いとか綺麗、花があるなど女性の特権を最大限生かせるバイトだと思います。

自分に自信がある、可愛いと言われる!可愛さを売りにしたい!という自分に自信がある女の子は是非やってほしいと思います。

私は数ヶ月で何人か平行して出会い、良い思いができた印象を与えたかもしれませんが、ホテルでディナーをし、そのまま上層階のラウンジで飲み、部屋まで誘われたり怖い思いをしたこともあります。

たまたま未然に自分を、守りぬけられましたが、タイミングや相手を見誤ると自分を傷つけてしまう結果になる可能性があります。

見ず知らずの年上の男性と出会いがあり、お金を頂き楽しく美味しい思いをできる反面、色恋あり反面教師だと痛感し体験して頂きたいです。

ちなみに、お金持ちのパパを今すぐ見つけるならワクワクメールがおすすめです。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活体験談」のページに戻る