相席居酒屋は、女性は基本的に無料で行くことが出来る居酒屋のことです。
通常は飲み物のみ無料ですが、男性と相席をすることで食事代は大抵が相手が支払ってくれます。
大抵というのは、女性の食事代を奢ることが強制ではないからです。

そのため、これを出したがらない男性はパパ活の相手にはなりえません。
もちろん相席をしたのに、お互いに楽しもうとする雰囲気を一切出さなかった場合は自分の責任です。

つまらない相手にお金を出さないのはパパ活をしてくれる男性にとっても同じことなので、予行演習だと考えてください。

相席居酒屋を使ったパパ活

気になるお店を見付けたら、そこにお友達と行けばいいので非常に簡単です。
ちょっと変わった合コンのようなものなので、それほど気負う必要もないでしょう。

食事の内容もお店によっては充実しているので女子会のような気分でも大丈夫です。

席についてしまえば、あとは待っていれば店員が男性たちを誘導してきてくれます。
先に男性がいるパターンもありますが、いずれにしても自分で選べるわけではありません。

どのような人が来るかは分かりませんが、礼儀は守りましょう。

ですが、基本的に相席居酒屋を利用する男性にパパ活をしてくれるような人は居ません。
利用者層はナンパ目的の若い男性や、キャバクラほどお金を使いたくないサラリーマンがほとんどです。

お金がある人は、高額でも確実に楽しむことができる場所を選びます。

相席居酒屋は、見ず知らずの男性とでも楽しく話をする練習場所として行きましょう。

相席居酒屋でパパ活を成功させるコツ

相席居酒屋はパパ活には不向きですが、学生では接する機会があまりないサラリーマンの男性とも話をできるので、年上の人と話を続ける練習にはなります。

人見知りだけどパパ活に興味があるという女性には、慣れるという意味でお薦めです。
一対一にはならずに済みますし、店員という他人の目があるので危険なこともそう簡単には起きません。
他人と会話を続けるのは案外難しいので、慣れておくに越したことはありません。

相席居酒屋の注意点

相席居酒屋は、1人では行くことが出来ませんのでお友達の女性と一緒に行く必要があります。

残念ながら、パパ活はあまり世間的に良い印象のものではありません。
そのため、一緒に行くお友達の前ではあまりパパ活とは言わない方が良いでしょう。

相席居酒屋は、異性と話をするのに慣れる手段と割り切ってください。
まれに素人っぽい女の子とお喋りをしたいリッチな男性がいるかもしれませんが、期待はしない方がいいでしょう。
ここで出来るのはパパ活ではなく、若い男性やサラリーマンとの合コンです。

まとめ

相席居酒屋は、相手を選ぶことができません。
利用料金も男性はお金が必要になりますが、大した金額ではありません。
安価で女の子と合コン気分になりたかったり、その場限りを楽しみたい人が主な利用者層です。

彼氏や男友達を増やす手段としては手軽ですが、パパ活をしてくれるような男性は見付からないでしょう。

相手も選べませんし、気に入らないからと言ってコロコロと相手をチェンジもできません。

相席居酒屋で時間を使ってパパ活をするならネットの恋愛コミュニティサイト、もしくは交際クラブを使うことをお薦めします。
恋愛コミュニティサイトはいわゆる出会い系サイトですが、利用者数も多く目的も決められるので使いやすいです。

パパ活女子に人気のサイトはワクワクメールです。

同じ時間を使うのなら、出会える可能性が高いものを選ぶほうが効率的です。
パパ活というものがメディアで取り上げられるようになり、良くも悪くも認知度は高くなりました。

それによってパパ活をする女性が増えるということは、それだけ男性の目に留まるための競争率も上がっているということです。
やみくもに男性と会うのは危険が伴うので焦りは禁物ですが、無駄な時間を使うことはないでしょう。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活の基本」のページへ戻る