インスタグラムは写真や動画がメインのSNSです。
Twitteと同じように、投稿するときにハッシュタグを付けることで目に留まりやすくできます。

TwitterやFacebookとの違いは、インスタグラムは文字でなく写真メインのSNSだということです。
ですがインスタグラムの利用者は主に女性で、男性、それも年齢が上がるにつれて利用する人は少なくなっています。

そのため、インスタグラムでパパ活をするのは不可能と言ってもいいでしょう。

インスタグラムを使ったパパ活

インスタグラムでパパ活をしようと思っても、文章はそれほど意味をなさないツールなので写真を投稿する必要があります。
パパ活をしてくれる男性の目に留まるためには自撮りなどを投稿しないといけません。

そして「#パパ活」「#パパ活女子」などのハッシュタグを使って投稿すればパパ活になります。

無料で手軽ですが、問題もあります。
パパ活を別の方法で行っている女性も同じように「#パパ活」というハッシュタグを利用しているために、投稿が埋もれてしまいやすいです。

文字が重要になるSNSではないので、パパ活をして買ってもらった商品や似たような自撮りの中で目立つのは難しいです。

そして、そもそもの利用者に男性が少ないです。
手軽とは言え、パパになってくれる男性の目に留まらないのでは意味が無いと言えます。

インスタグラムでパパ活を成功させるコツ

インスタグラムでパパ活をするのは難しいです。
どうしても使いたいなら、お金を持っていそうな写真の多い人に自分から積極的に近付くようにする方が受け身になるよりは早道になるでしょう。

ですが、精神的に大人の男性はたとえ経済的に余裕があっても普通は無闇に人には知らせません。
パパ活をしてくれる相手は、できるだけ精神的に大人の男性の方が安全です。

そのため、お金持ちアピールをしている人にパパ活を求められる可能性は低いと言えます。
援助交際や愛人契約なら可能かもしれませんが、パパ活とは異なるものになります。

インスタグラムは、パパ活に成功している女性を見て自分も頑張ろうという意気込みをする場所だと考えましょう。

インスタグラムの注意点

パパ活をインスタグラムで行うとなると、自撮りや自分の環境を写真でアピールする必要があります。
写真は個人情報が漏れやすいので、注意しないと危険なことになります。

パパ活をしている女性というのは、あまり良い目では見られないのが現状です。
そのため「#パパ活」というハッシュタグを使っている人を面白半分にネットの超大手掲示板へ晒すような行為もあります。
写真などから住所や本名などの個人情報を調べるような人もいるので、リスクが伴います。

ハイリスク・ハイリターンの面もあるパパ活ですが、自分から敢えてリスクを呼び込むのは賢い選択だとは言えないでしょう。

まとめ

インスタグラムを使ってパパ活をするのは難しいと言わざるを得ません。
投稿した写真が、パパ活をよく思っていない人の目に入る可能性のほうが高いです。
晒されてしまって、個人情報がネット上に流れるような炎上状態になってしまう可能性もないわけではありません。

ですが、インスタグラムにはパパ活に成功している女性たちの投稿も多いのです。
パパ活は始めたからと言ってすぐに上手くいくとは限りません。

諦めそうになったときに、成功している女性たちの投稿を見ることでモチベーションが維持できるのではないでしょうか。
そういった意味では、たまに覗いてみるのも悪くはないでしょう。

ネットでパパ活をしたいのならインスタグラムのような無料のSNSではなく、ワクワクメールのようなパパ活にも使えるサイトを使う方がお薦めです。

男性に限り有料といった掲示板があるようなサイトもあります。
完全に無料で使えるツールよりは、平均的に利用者層が安定しています。

男女ともに登録数も多いので、インスタグラムのような偏りもなくパパ活には向いていると言えるでしょう。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活の基本」のページへ戻る