ナイトワークは働く時間が夜メインになる職業です。
その中でもガールズバーといったソフトなものからキャバクラ、そして性風俗サービスとなるヘルス業まで広い範囲のものを指した総称です。いわゆる夜のお仕事ですね。

いずれも利用するのは女性と楽しみたい人ばかりなので、難易度は少し高くなりますが、上手くいけばパパ活へも充分つなげれらます。
高級店と呼ばれるものもあるので、生活に余裕がある男性も非常に多いです。

ナイトワークも多岐に渡りますが、その中でも代表的なものについてそれぞれ紹介していきます。

ナイトワークをしながらパパ活

接客メインのナイトワーク

主なものは、ガールズバーとキャバクラになります。

ガールズバーはカウンター越しに接客をする仕事です。バーテンダーをイメージすれば良いでしょう。
隣に座って接客をするのは禁止されているので、ナイトワークの中でもソフトなものになります。

隣りに座って接客するガールズバーは、いつ行政指導を受けてもおかしくありません。
ここに来店する人は軽くお酒と雰囲気を楽しみたい人がほとんどなので、体の関係にはならないという本来の意味でのパパ活を一番やりやすい仕事です。

キャバクラはお客さんの隣に座って接客をします。
お店によって異なりますが、採用基準の高いお店ほど収入の多い男性の来店率も上がります。

ガールズバーよりも積極的なトークスキルが必要で、場合によっては腕を組んだりと密着することもあります。
相手は見つけやすいですが、パパ活というよりも体の関係と引き換えの援助交際になる可能性も高いです。

性的サービスを伴うナイトワーク

主なものは、ヘルス系とソープです。

ヘルス系の仕事は本番と呼ばれる挿入を伴う行為は禁止されていますが、性的なサービスを必要とします。
キャバクラと同じく採用基準が高いほど男性の質も上がりますが、性サービスを提供するので援助交際や愛人契約になることが殆どです。

ソープは挿入行為も伴うので、ここでパパ活の相手を探すのは無理と考えて良いでしょう。
そもそも高級店で働けるような女性は、パパ活をする必要がなくなります。

ナイトワークでパパ活を成功させるコツ

ガールズバーで相手を探すときは「お金が必要だけど風俗はちょっと……」など体を使うのは抵抗があることをほのめかしながら、それとなくパパ活に切り出していきましょう。

ただ、ガールズバーの客層は収入が一般的な人がほとんどで、経済的に裕福な人はあまり多くありません。
少し根気が必要になります。

キャバクラは相手と密に接客をするので、援助交際になってしまうことが多いです。
ただ、体の関係はお断りとキッパリ言ってしまうと、別の女性に向かってしまうことも。

「今は無理だけど、もしかしたら可能性があるかも」と焦らすような駆け引きが有効です。

ヘルスなどの性風俗のお店でパパ活をしてくれる人を探すのは、ほぼ無理なので止めておきましょう。

ナイトワークの注意点

接客メイン、性風俗のいずれにも共通していますが、お店の外でお金や品物でのやり取りをすることは禁止されています。
お店にしたら、お客さんが来てくれないと商売にならないので当然のことですね。

専門用語で「裏引き」と呼ばれるこの行為がバレると、店によっては罰金ということにもなりかねません。
絶対にバレないように細心の注意をはらうか、相手を見付けたら店を辞めましょう。

個人的に連絡を取り合うこと自体は禁止でないことが多いですが、それもあらかじめ確認はしておきましょう。

まとめ

ナイトワークを通じて知り合う男性は、いずれも女性と楽しむことが目的の人ばかりなので、パパ活という行為に抵抗がある人は少ないでしょう。
ただ注意しないといけないのは、体の関係に発展したいと考える人が少なからずいるということです。

もし始めは食事を楽しんだりするだけの良い関係だったとしても、体の関係を求められることがあります。
その場合はハッキリ断って、その男性とも縁を切りましょう。

一度関係を持ってしまったら、以降は行為ありきの関係になります。
恋愛感情を持たれてしまう可能性もあり、良いことは何もありません。

ナイトワークは相手を見付けやすくはありますが、体の関係を持ちたくないなら慎重に行いましょう。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活の基本」のページへ戻る