パパ活と聞くと、よく分からない、警察に捕まるんじゃないの?
と思う方もいるでしょう。
しかし、パパ活は犯罪ではないので、警察には捕まりません。

きちんとお互いに信頼関係が有り、強要された関係でなければ警察に捕まることはありません。

しかし、パパ活で警察に捕まるかもしれない2つの犯罪があります。
それは、詐欺罪と売春行為です。
詳しく書いてきますので、注意しましょう。

詐欺罪になるの?

パパ活をしていると、詐欺みたいと思われることがあります。
詐欺罪と疑われるのは、金銭のやりとりがあるからでしょう。
しかし、詐欺というのは相手からお金をだまし取る行為です。

パパ活はだまし取るわけではありませんので、詐欺罪にはなりません。
しかし、次のような場合は詐欺罪になるので注意しましょう。

「定期的に会うので、お金を振り込んで欲しいと言い、お金を受け取った後に会わない。」
「借金があるので、立て替えて欲しい。と言っておきながら、本当は借金など無く、生活費に充てていた。」

という行為は詐欺罪に当たります。
お金をだまし取る行為ですよね。
これは詐欺罪に当たるのでしてはいけません。

売春行為になるの?

パパ活をしていると、仲良くなったパパと身体の関係を持つことは珍しくありません。
お金ももらっているし、売春行為になるんじゃないの?と思いますよね。

実際は、売春行為にはなりません。
しかし、次のような行為は売春行為になるので注意しましょう。

「身体の関係を持ってくれたら、援助をしてくれるというので、了承した。」
「援助が欲しいので、身体の関係を自分から持ちだした。」

このような行為は、売春行為になるので、法に触れます。
お互いに信頼関係があり、愛情があるのであれば売春行為にはなりません。

お金欲しさに自分を安売りするのはやめましょう。
また、身体の関係の有無に関係なく、未成年は補導される可能性があるので、未成年の人はしてはいけません。

被害者になる可能性も・・・

パパ活をしていると、犯罪に巻き込まれることがあります。
それは、パパになりたいという人が犯罪者の可能性があるからです。
パパ活をする時には、出会い系サイトを使う人が多いです。

見ず知らずのパパ候補と会う前には、しっかりと信頼関係を結びましょう。
個人情報を聞かれ教えるまで拘束された、身体の関係はないと言っていたのにホテルに無理矢理連れ込まれた、一人で来ると言っていたのに複数で来て乱暴されそうになった、という被害もあります。

好条件をだしてくれるパパ候補には注意しましょう。
パパ候補のことをしっかりと見定めてから会うようにしましょう。
自分の身は自分で守りましょう。

まとめ

パパ活とは、援助交際とは違います。
自分の身体を安売りして、その対価にお金を貰うという行為ではありません。
頑張っている女性にお金持ちのパパが金銭的援助をしてくれるというのが、パパ活です。

法に触れるようなことはしてはいけません。
また、良い条件に流されて相手を見定めないということもやめましょう。
自分の身は自分で守るのです。

パパ活をしていて、犯罪に巻き込まれた人もいます。
しっかりと、相手を選び良いパパを見つけてください。
成功している男性と一緒にご飯を食べたりデートをして会話をする中で、より魅力的な女性になっていきましょう。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活の基本」のページへ戻る