パパ活を始めたけれど、どう条件を決めればいいか分からない。
いつそれを切り出せばいいか分からない。

相手を見付けること自体は、実は慣れてしまえばそれほど難しくはありません。
難しいのはむしろそこから。

今回は、条件や交渉はどうすればスムーズに続くのかについて解説していきます。

パパに条件を聞かれたら

知り合った方法にもよりますが、まずはメールやカカオトークなど、記録として残るツールを利用して条件をすり合わせましょう。
相手から条件について切り出してくれるときも、自分から切り出すときも内容は同じです。

メールなどを使えばデータとして残るのはもちろん、会ってからの時間も無駄になりません。
会ってからお金の交渉をすると、雰囲気も盛り上がり難くなってしまうので、その意味でも会ってからの交渉は避けるべきです。

聞いておくこと

パパの希望

条件を聞かれたら、まずはパパ候補が何をしたいかを尋ねましょう。
今後のことではなく、初顔合わせの時のことだけでも十分です。

食事だけで解散するのかどうか、その後があるのかないのか。
これが特に重要なので、きちんと確認しておきましょう。

いきなり別の場所へという事にならないためにも大事なことです。
ホテルに誘われてしまうなど、想定外のことが起きるリスクを下げられます。

条件に合わせた金額

当日の予定にあわせて金額の第一希望を伝えます。

食事だけなら5,000円から1万円あたりが妥当なところ。
少し値段を高めに伝えて、相手の出方を見てみるというやり方もあります。

ただ、高すぎるとパパから即お断りされてしまうこともあるので、慣れてないうちは相場のギリギリぐらいにしておきましょう。

相手から聞いてくれない

パパから条件を聞かれるとは限りません。
その場合は女性側から条件について話を出すことになります。

少し勇気はいるかもしれませんが、そもそもボランティアや慈善事業のためにパパを探している訳では無いはずです。
それはパパも理解していることなので、ためらう必要はありません。
女性と楽しく過ごしたい男性と、その代わりに応援をしてもらいたい女性で成り立っている関係です。

会ってから決めたいと言われるかもしれませんが、年上の男性とお金の交渉を直接できるのかどうか。
よほど慣れてない限り、かなり難しいのではないでしょうか。
メールなどで、ある程度の予定や金額を決めておくと、トラブルが起きるリスクを下げられます。

タイミングを見て「ところで~」と、パパは当日どうしたいかを尋ねてみましょう。

交渉をしない女性もいる

条件や交渉について説明をしましたが、始めて会うパパと条件の交渉をしない女性も珍しくありません。
これは敢えて自分から金額を示さずに、相手に任せてお金をいただいてから2回目につなげるかどうかを決めるためです。

金額をお任せにすることで、良いパパになってもらえそうか判断をする女性も多いという事ですね。
相手から条件について切り出してこないし、交渉するのは難しいという初心者の女性は、慣れないうちはこの方法を選んでみても良いでしょう。

ですが、条件をハッキリと決めないのはデメリットもあります。

・当日にいきなり食事以外のことに誘われた。
・食事だけならお金は出せない。
・始めは十分にもらっていたのに、急に金額が減ってきた。

条件を必ずしも明確にする必要はありませんが、トラブルになりやすいのも事実です。
パパが本当に誠実かどうかを、話をする中でしっかりと見極めましょう。

まとめ

1番良いのは、パパが条件を切り出してくれること。
ですが、切り出してくれなかったとしても、タイミングを見て自分から条件については話をしておきましょう。
条件を決めずにパパ活をすると、トラブルになりやすいです。

納得のできる金額であれば、パパは必ず条件に応えてくれます。
そのためにはもちろん自分磨きも重要です。
いつでも魅力的に接するように心がけておきましょう。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活の金額交渉」のページへ戻る