ギャラ飲みというものをご存知でしょうか。
パパ活と同時期に話題になり、似た部分もあることから若い女性を中心に注目されています。

ギャラ飲み専用の仲介・募集サイトなども少しずつ増えてきているようです。
出会い系サイトでもギャラ飲みには繋げられますが、お金のやり取りに違いが出てきます。

ここでは、ギャラ飲みサイトの1つ「LEOPARD(レパード)」について説明していきます。

LEOPARD(レパード)の特徴

Facebookメッセンジャーを利用しているので、登録するためにはFacebookアカウントが必要です。
会員登録ののちに審査が行われ、それが通ると会員用のLINEに招待されます。
FacebookにLEOPARD(レパード)のことが投稿されることはありません。

ギャラ飲みの報酬は、LEOPARD(LEOPARD)を介して支払われます。
参加後の翌週末に、指定口座に振り込まれるシステムです。
振込手数料は自己負担となります。

金額は120分で10,000円。
最低でも120分以上参加しなければ謝礼は発生しないので、短時間だけの参加はできません。

また、延長システムは設定されていないので、延長しても支払われる料金は変わりません。
ですが、他のサイトでは禁止になることも多い、お車代(タクシー代)は受け取れます。
男性からの好意でのことなので、強制することは禁止されています。

ルールとして、お酒を2杯は飲むことと示されています。
男性がお酒を飲まない場合は適用されないこともありますが、あまり無い状況だと言えるでしょう。

LEOPARD(レパード)でパパに会う手順

FacebookとLINEを使って、会員登録を行います。
LEOPARD(レパード)について投稿はされません。

会員専用のLINEに招待され、そこに参加すると飲み会の情報が流れます。
参加できそうな飲み会があれば、参加希望の返信をしましょう。

出会い系サイトではないので、利用している男性と直接やり取りはできません。
参加の手配が完了したら、ギャラ飲みが成立です。

指定された場所で合流して、パパになってくれそうな男性かどうか見極めましょう。
もしパパの対象外であったとしても、開始後2時間経つ前に帰ることはできません。
120分以上の飲み会参加で料金が支払われます。

気になる男性であれば、連絡先の交換や後日の食事にも繋げられます。
ただし、愛人契約などの提案は禁止されているので気を付けてください。

運営に報告されると、利用できなくなる可能性があります。
可能なのは、あくまでも連絡先の交換といったやり取りのみです。

まとめ

まだサービス開始から間もないサイトということもあり、利用者はとても少ないです。
登録している女性は現時点で180人。

マッチングサービスとして、現時点でオススメできるサイトではありません。

延長システムも設定されていないので、1度の飲み会で何時間経っても料金は一律です。
他のサービスであれば、延長料金がきちんと設定されていることが殆ど。

時間通りにサッと出ることができる女性であれば問題はありません。
ですが、場の雰囲気ではそう上手くいかないことも多いのではないでしょうか。

その他にも、最低でも2時間参加でお酒は少なくとも2杯は飲むというルールも。
ギャラ飲みサイトを、全く飲めない女性が利用することは無いと思われます。
ですがあまり他で見掛けないルールなのは確かです。

運営元も、首都圏の大学生により創立された学生団体。
あまり詳しい情報も記されていません。
FacebookやLINEといった個人情報を教えるには不安が残ります。

このサービスを利用してパパが見付けられる可能性は、あまり期待ができません。
社会的な地位や生活面で安定している男性が、運営元の確実でないサイトを利用することはほぼ無いでしょう。

ここでパパを探すなら、国に運営申請が行われている優良なパパ活サイトを利用することを勧めます。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「ギャラ飲み」のページに戻る