パパ活とほぼ同時期にメディアで話題になり始めたギャラ飲みが、一部で少しずつ浸透してきているようです。

食事を奢ってもらって、更にお金をいただくのが基本的なこと。
パパ活と一部似た部分もあるので、パパ活の入り口にしてみようと考える女性いるようです。

やり方は出会い系サイトで探す、もしくはギャラ飲み用のマッチングサイトを利用するのが殆どです。
ここでは、そうしたギャラ飲みマッチングサイト「LION(ライオン)」について紹介していきます。

LION(ライオン)の特徴

メインは東京都内。
六本木や恵比寿などのバーやカラオケで開催されることが多いです。
自宅などの鍵がかかる場所は禁止されています。

また、相乗りアプリと提携しているので、終電を過ぎても無料送迎サービスを利用できます。

ギャラ飲みに参加すると、翌週の火曜日に謝礼が入金される週払い制です。
振込用の口座を登録しなければいけません。

一回ごとの支払いではないので、時間と回数をしっかりと把握して金銭トラブルを避けましょう。
謝礼金額は時給制の1時間3,120円。延長料金は20分で1,040円です。

登録するのにはFacebookのアカウントかLINEを利用します。
本人認証とメッセンジャーにしか使われないので、投稿などはされません。

飲み会の案内は自動で届くので、事前にやり取りをする必要がありません。
空いている時間に気軽に参加することができます。
自分から飲み会を探して参加するシステムではありません。

男性側は、過去にマッチングした女性を指名することができます。
その一方で、女性が指名することはできません。

LION(ライオン)でパパに会う手順

登録にはFacebookのアカウント、もしくはLINEが必須です。
LINEで登録するのは、LION(ライオン)公式を友だち追加するだけ。

Facebookの場合も、公式から「飲み会に参加する」を選ぶだけなので簡単です。
本人確認のためなので、投稿はされません。
利用していることは表示されないので、バレることもありません。

スタート後に、加工されていない顔写真と身分証明書をアップロードします。
24時間以内にこの2枚がアップロードされないと、審査が無効になるので気を付けましょう。

登録をすませて審査が通ればLION(ライオン)を正式に利用できます。

LINEもしくはFacebookのメッセンジャーに、飲み会募集情報が自動配信されます。

・開催日時
・相手の名前
・開催エリア
・募集人数
・時間
・謝礼金

「参加する」を選ぶことで受付されます。
通過できれば、詳しい店舗情報と予約名のお知らせがきます。
参加できる人数は限られているので、連絡が来たら早めに返信をするようにしましょう。

相手についての詳しい情報は、実際に会わなければ知ることができません。

指定された時間に合流して、相手がパパになってくれそうな男性かどうかを見定めます。
LION(ライオン)のサイト内で個人的なやり取りはできません。
連絡先を交換したいなら、会ったときに済ませてしまいましょう。

まとめ

メディアでも紹介されたサービスですが、実際の評判についてはそれ程高くはありません。

出会い系サイトとは別のマッチングサービスということから、個人同士でやり取りができません。
事前にどういった相手と飲み会をするのかが分からないのは、デメリットと言わざるを得ないでしょう。

パパ活の相手は、奢ってさえくれれば誰でも良いという訳ではありません。
参加したものの、相手がパパ活すら知らないとなっては、時間が無駄になってしまいます。

真偽は定かではありませんが、SNS上には金銭に関してのトラブルについての意見もありました。
現時点では、敢えてパパ活のために利用する必要はないでしょう。

事前に相手としっかりとやり取りができる、パパ活サイトや出会い系サイトを利用することをオススメします。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「ギャラ飲み」のページに戻る