パパ活を続けていると、お手当だけでなく生活費や家賃といった生活面を直接サポートしてくれる太パパを巡り会える事があります。
上手くそうした太パパを見付けることができれば、パパからマンションを買ってあげたいという話が出るようになることも。

ですが、こうした高額の資産をいただく際には贈与税を払わなければいけません。
今回はマンションを買ってもらうにあたっての注意点や、買ってもらえるようになるポイントについてお伝えします。
贈与税についても簡単に説明しているので、併せてご覧ください。

贈与税とは?

贈与税は、個人から受け取った財産にたいしてかかる税金のことです。
贈与という言葉が使われていますが、支払うのは受け取った側の人間となります。
個人ではなく法人から受け取った場合は贈与税はかかりませんが、代わりに一時所得という扱いで所得税を支払う義務が発生します。

計算方法は『(年間の贈与財産の総額 - 非課税財産 - 基礎控除110万円) × 税率 = 贈与税額』です。
非課税財産は、仏具など日常礼拝する物や、受け取った財産で公益を目的とした事業を行うことが確実だとされているものを指すので、パパ活には関係のない項目となります。
また、税率は受け取った財産総額で変わります。

要するに、1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の合計額が110万円を超えると贈与税を支払う義務が発生するということ。
それ以下であれば贈与税を支払う必要はありません。

個人が期間内に受け取った財産の総額で決まるので、複数の人から合わせて110万円以上受け取っても一人だけから110万円以上受け取っても税額は同じです。

パパから年間合計110万円以上いただいていた場合、マンションを買ってもらっていなくても贈与税が課税されているということになります。

注意点

贈与税は自主的に申告するものです。
財産を受け取った翌年2月1日から3月15日までに税務署で贈与税を申告して、定められた金額を納めましょう。

無申告のまま税務署にバレると延滞税などの追徴課税で、より多くの金額を支払うことになってしまうので忘れないようにしてください。

申告しなかった場合の時効は申告期限から6年ですが、悪質性や常習性などの理由により7年になることもあります。
それを過ぎれば請求されることはほぼありませんが、もちろん絶対のことではありません。

具体的な金額で一例を説明すると、パパから2000万円のマンションを買ってもらったとき、受け取った側は翌年の3月15日までに贈与税の695万円を支払う必要があるということになります。
(他にも受け取ったものがある場合は、それらに対しても贈与税が必要です)

受け取った側が支払わず税務署からの請求も無視し続けると、マンションを買ってくれたパパにも贈与税が請求されて連帯納付の義務が発生します。
そしてパパが払ってくれた分の税金にも贈与税が発生するので、支払う金額がゼロになる訳ではありません。

贈与税を含めた金額をパパに支払ってもらうこともできます。
それは初めから、パパに「マンションと贈与税にあたる現金を一緒に贈与してもらう」こと。
『2000万円のマンション + 現金1,433万3千円 = 3,433万3千円』を渡してもらえれば、受け取った側が現金をそのまま納税することでマンションをそのまま残すことができます。

パパにマンションを買ってもらう方法

絶対に必要なのが、パパにそれだけの収入や財産があるかどうか知ることです。
年収が一般的な会社員よりも高いくらいではマンションを買い与える余裕は生まれません。
お金持ちのフリをしているパパではなく、本当にお金持ちのパパを見付けることが必要不可欠です。

またどんな太パパであっても、信頼関係を築かなければ話は前に進みません。
パパが女性を援助する目的を察して、そこから上手く話を持っていってみましょう。

女性を支援することに優越感を抱いているパパには「今住んでる所は大学から遠くて勉強する時間が削られちゃう」、一緒にいたいと感じているパパには「パパとゆっくりリラックスできる部屋があると良いね」など。
いきなり話を切り出すのではなく、普段の会話へたまに織り交ぜるようにしてみましょう。

まとめ

パパからマンションを買ってもらったときの贈与税についてお伝えしました。
今回のパターンは、パパから自分名義でマンションを買ってもらった場合についての話です。
マンションがパパ名義のものでパパのマンションに住ませてもらっている場合は、関係が終わったときに部屋を出れば問題は残りません。

贈与税のことが難しくて分からない、自分で払うのもパパに払ってもらうのも難しい。
そうした場合は、マンションを買ってもらうのではなく、パパ名義のマンションに住ませてもらう方が良いと言えるでしょう。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパコラム」のページに戻る