最近では、フリーランスとして仕事する人が増えてきました。
フリーランスとは、特定の職につかず、自分の能力や技能を提供して仕事をする、独立した個人事業主のことです。
サラリーマン時代に取得した能力や技能を売りにして、個人で企業し、収入を得ることを言います。

コネクションがあれば誰でも出来る仕事です。
しかし、フリーランスで成功している人は多くありません。
そんなフリーランスの給料が安い!稼げない!と感じたときにすべきことをお伝えします。

フリーランスが増えた理由

まず、疑問に思うのが、フリーランスになったときにいくら稼げるかです。
現在、フリーランスで活躍している人は日本では人口の約10パーセントと言われています。

ちなみに、アメリカでは人口の約30パーセントの人はフリーランスとして働いています。
なぜ、こんなにフリーランスで働く人が増えてのでしょうか。
その理由は大きく分けて3つあります。

女性の社会進出

1つ目は、女性の社会進出が増加したことです。
正直な話、結婚をして旦那さんに養ってもらうという考え方は現在では通用しなくなってきています。

ちなみに、現在の日本の共働き世帯は約60パーセントだと言われています。
結婚している夫婦の半分以上が共働きなんです。

自由に働けるから

2つ目は、働く時間が自由なことです。
会社勤めだと、定時が決まっています。
しかし、フリーランスだと自由な時間に仕事が出来るので、育児や家事が一段落ついた時に仕事が出来ます。

なので、主婦の方はフリーランスで働いている方が多いです。
また、副業としてフリーランスでお小遣い稼ぎをする人も増えています。

職場のストレスがない

3つ目は、人間関係のストレスがないことです。
フリーランスは基本的に在宅でしている人が多いので、嫌な上司に媚を売らなくて済みます。

また、お子さんの急な発熱や、病気の時に仕事を早退すると、心ない人には非難を受けることもあります。
それが原因で、会社に居づらくなることもあります。

しかし、フリーランスで働いていると、仕事の納期さえ守れば大丈夫なので、とやかく言われないです。
こういった、3つの理由から、フリーランスは重宝されています。

フリーランスは稼げない?

フリーランスは稼げないと聞いたことはありませんか?
実際、フリーランスの方の平均年収は200万円程だと言われています。
サラリーマンより安いですね。

人によっては、年収1000万円を越える人もいます。
しかし、それだけ稼ぐのはかなり大変です。
平均200万円では、生活をしていくのは難しいですよね。
そんな、稼げないと感じたときにすべきことをお伝えします。

3つのすべきこと

仕事に役立つ資格をとる

1つ目は、資格を取得することです。
フリーランスで成功をする為には、自分を売り込むことが大切です。
資格を持っているといないとでは仕事の依頼の数が大きく変ってきます。

依頼の数が少ないと収入は少なくなりますし、数が多いと収入も増えてきますよね。
ネットで自分を売り込むには、資格を持っていると良いです。

インターネットの仕事でお小遣い稼ぎする

2つ目は、インターネットでアンケートに答えてお小遣い稼ぎをする。

フリーランスではなく、お小遣い稼ぎで収入を得る方法です。
フリーランスの人はパソコンを使う時間が長いです。

仕事がない時に、さくっとアンケートに答えてお小遣い稼ぎをするのも1つの手です。
本当にお小遣い程度にしかなりませんが。

パパ活する方法も

3つ目は、パパ活です。
最近ではよくパパ活という言葉を聞くと思います。

パパ活とは、お金持ちのパパに支援をしてもらう、あしながおじさんみたいなものです。
愛人とは違い、身体の関係もなく、支援をしてもらっている人もいます。
インターネットでパパ活用のサイトもあるので、簡単に見つけることができますよ。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

以上が、フリーランスで稼げないと思った時にすべきことです。
自由に仕事ができるフリーランスに憧れる人もいますが、普通に仕事をしていても稼げるわけではありません。
限られた時間でもお金がたくさん入るように、自分なりに工夫していってくださいね。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る