パパ活を続けていると、パパと会うだけでなく、会うまでの連絡のやり取りやスケジュールの調整といった様々な小さな用事が増えると感じるのではないでしょうか。

たとえ仕事のようなものだと割り切っていたとしても、こうした積み重ねは疲れやストレスになってしまうことがあります。
ストレスはたまりすぎると体調不良など、心身に悪影響することも。

今回は、ストレスがたまる原因やストレスを感じた時の対処法などについてお伝えします。

ストレスがたまる原因

人間関係

ストレスがたまる要因として人間関係を挙げる方はとても多いです。
パパ活は、友人でも恋人でもない年上の男性と接する機会が必然的に増えます。
やり取りが上手くいかなかったりドタキャンされることもゼロではないため、自分の思い通りにならないことで、ストレスが溜まってしまうのです。

やり甲斐を感じない

パパ活を惰性で続けているか、仕事のように続けているかで変わります。
仕事のようなものだと割り切って続けている場合「なかなか良いパパに会えない」「パパからの連絡が少ない」など、やり甲斐の無さ、必要とされていないという不安感でストレスが溜まります。

真面目な方ほど注意が必要だと言えるでしょう。

性格

先に述べた通り、真面目な人はストレスを溜めやすいことが多いです。
その他、心配性であったり緊張しやすい人も、ストレスを溜めやすいタイプと言えます。

ストレスへの対処法

心身を休ませる

ストレスが溜まっていることを自覚しているということは、緊張などが原因で心身に負荷がかかっている状態です。
そのため、同じ生活スタイルを維持したまま、それを取り除くことは難しいと言えます。

そこで提案したいのが「休養」です。
パパ活を続けるために敢えてパパ活を生活から切り離すことで、リフレッシュしてみましょう。
心身を休めることで、緊張といったネガティブな状態を緩和することができます。

その間に、睡眠時間を見直してみたり、パパ活のためにセーブしていたこと(パパ活をしていない友人との交流、プチ旅行など)を楽しむと気分転換にもなります。

人に話す

人に話すこと自体に、ストレスを解消したり回避する効果があります。
話すことで「状況を客観的に見ることができる」「承認欲求が満たされる」というのがその理由です。
自分を理解して認めて欲しいという、未消化の気持ちを満たすことで、ストレスは緩和されます。

ただ、パパ活という言葉自体は知名度が上がりましたが、内容を勘違いしていたり、実際に援助交際と変わらないことをしている女性も珍しくありません。
そのため、実際の知り合いにパパ活について話すということは現実的ではないと言えます。

本来であれば信頼できる人や理解者に話すべきですが、パパ活というデリケートな内容について話す相手はSNSなどのネットで探すのが無難です。
パパ活用のアカウントを作って、twitterやインスタグラムでパパ活女性のアカウントをフォローしてみましょう。
いきなり実際にやり取りをするのは難しいかもしれませんが、同じことをしている同性の発する言葉を見たり読んだりするだけでも、喜怒哀楽を共感することができます。

ストレスをためない考え方

ストレスは自分次第で、ある程度なら軽減することができます。

まずは、ストレスとなる原因を分析すること。そして、それに対してなるべく距離を置くことを意識しましょう。

例えば、アプリでメッセージをやり取りするのが苦手なのであれば、交際クラブの面接を検討してみる。
自分から積極的に男性へアプローチはできませんが、全く話が通じないような相手からメッセージを受け取るといったストレスは無くなります。

逆に、交際クラブのパパ活が上手くいかないなら、自分からアプローチできるアプリを使ってパパ活をしてみるなど。
短期間でも距離をおけば、気分転換ができてストレスが和らぎます。

また、仕事として割り切ってパパ活を続けるのは間違っていませんが、ある程度の柔軟性を持つことも大切です。
月毎のノルマを決めていたとして、それを達成できなかったとしても「そういうこともある」と、深く考えすぎない方が、長く続ける上では必要となります。

まとめ

パパ活は楽しいことも多いですが、色々なタイプの人と接することや、生活スタイルの変化によるストレスを溜めやすい行為でもあります。
ストレスを一切溜めずにパパ活を続けることは難しいですが、上手に緩和して回避しやすい考え方をすることで、パパ活をやりやすい状況を自分で作り出しましょう。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパコラム」のページに戻る