パパ活を初めて色々な男性と会うようになると、同じパパと言っても、気前がいい、割り切れている等、様々なタイプの男性がいることが分かってくるのではないでしょうか。
こういったパパと長く付き合える関係を築くのが、パパ活で稼ぐために重要なことですが、中には付き合いを続けていくうちに厄介な状態になってしまうことがあります。

その1つが「ガチ恋」と呼ばれる状態です。

ガチ恋とは

元々はアイドルに本気(ガチ)で恋をしてしまうファンの事を指して使われていた言葉ですが、今は他のジャンル、いわゆるオタク界隈でも使われるようになりました。

パパ活で使われるようになったのはごく最近ですが、意味としてほとんど違いはありません。
本来はパパである男性が、支援している女性に対して本気で恋愛感情を抱いてしまうことを指します。
男性から女性にという使われ方が多いですが、女性がパパに恋愛感情を~という逆のパターンでもガチ恋と呼ばれているようです。

ガチ恋されないためのポイント

ガチ恋されにくいパパ活で、距離感を保って上手に関係を続けましょう。

恋愛経験が無さそうなパパは避ける

恋愛経験のない男性ほど、ちょっとした行為を恋愛からくるものだと勘違いしやすい傾向にあります。
いかにもモテたことが無さそうな人は、好かれようとしてお手当やプレゼントなどで必死になってくれることがあり一見すると便利な存在です。

ただし、本気になられた場合にストーカーなどのトラブルに発展しやすいのもこのタイプの特徴と言えます。

ガチ恋されたくないのであれば、年相応に女性と関わっていた雰囲気の男性を選ぶことをオススメします。

会話や場をひたすら楽しんでもらう

体の関係や恋愛とは関係のない部分で、会っている間の時間を楽しんでもらうことを意識しましょう。
楽しむポイントは人によって異なりますが、パパの仕事のことをそれとなく聞いて労ってあげたり、自分が興味のあることを話してみたり、パパの好む会話の傾向を自分から探っていくことが大切です。

あまり受け身になりすぎず、積極的に自分からも会話をしながら、それでいて聞き上手になることを目指してみてください。

女性っぽさを演出しすぎない

パパは大切な存在ではあるけれど、恋愛感情はないと思ってもらう必要があります。
女っぽさを前面に出すのではなく、気兼ねなく話せる女友達のような雰囲気をイメージしておくと良いでしょう。

甘えたり、おねだりなどは勘違いさせてしまう典型です。
使うのは絶対に避けるべきとは言いませんが、使うことで勘違いさせる可能性が高まる行為ではあります。

距離感を縮めすぎない

思わせぶりな態度をすると勘違いされてしまいます。
特に必要がないのに自分からマメに連絡をとったり、自分から会いたいと言うのは避けましょう。

むやみに触れない

ボディータッチやハグなどをパパ活のテクニックとして使う女性も居ますが、これらは色恋営業のようなものなのでオススメはできません。
必要以上の接触は勘違いを生んでしまいます。

ガチ恋されてしまったときの対処法

ガチ恋は、上手く利用すれば夢中になったパパから高額のお手当を得られる可能性があります。
ですが一方で、恋人のように認識されてしまうことで、プライベートを詮索されるようになったり、ストーカーのようになってしまう可能性もあるなど、デメリットの多い状態でもあります。

この状態に対する1番の対処は別れることです。

ガチ恋されると、お手当が増えたり定期的に会ってくれることなどもあり、なかなか別れるという選択肢を選びづらいかもしれません。
ですが、ガチ恋されたまま長く関係を続けることは、パパから体の関係を迫られたり、ストーカーになってしまってしまう可能性もあるリスクのある状態です。
パパが独身でなく既婚者だった場合は、更に厄介なことになってしまうことも。

目先の利益だけを見ているとトラブルを招いてしまうこともあるので、ガチ恋されていると感じたら早めに別れを切り出すのが1番の対処法となります。

まとめ

今回はガチ恋と、そうならない為のパパとの付き合い方をメインにお伝えしました。
ガチ恋は上手く利用すれば手っ取り早く稼げる手段ではありますが、距離感や終わり方などで厄介なことになる可能性が少なくないため、誰もが使えるテクニックではありません。

恋愛感情を抜きにした割り切った関係だと、お互いに分かった上で続けていくのが理想のパパ活だと言えるでしょう。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパコラム」のページに戻る