国家資格を持っていると、給料が高いイメージがありますよね。
お医者さんも、看護師も、歯科衛生士も、国家資格を必要としている仕事は給料が高いのが当たり前と思っていませんか。

しかし、栄養士は国家資格を持っているにも関わらず、給料が安いのが現状です。
普通のサラリーマンとして働いた方が、給料が高いです。
では、なぜ給料が安いのか、また、稼げないと感じたときにすべきことをお伝えします。

栄養士が稼げない理由

栄養士が稼げない理由の1つが、栄養士の資格を持っていなくても出来る仕事が多いからです。
医師や看護師の方は、その資格を持っていないと出来ない仕事が多いです。

例えば、医師の資格がなければ手術が出来ませんし、看護師の資格を持っていなければ注射が出来ません。
しかし、栄養士は資格を持っていないと出来ない仕事が少ないです。

しかも、似たような資格が沢山あるので、他の資格で仕事をまかなえてしまうこともあります。
栄養士の主な仕事は、食事管理や、食事指導です。

医師や看護師と違うのが、治療などではなく、指導であることです。
言ってしまえば、責任が軽いので給料が安いと言えます。
また、もう1つの理由は、今後の需要がなくなるかもしれないことです。

現在では、スマホで写真を撮るだけでその料理のカロリーを計算してくれるアプリもあります。
しかも、どの栄養が足りていないので、この食材を食べた方が良いという指導もしてくれます。

栄養士の仕事と同じ仕事をコンピューターが出来る時代になっています。
現在は、まだ精度は低いですが、今後は精度が増し、栄養士の需要が少なくなる可能性が出てきました。
このような理由で、栄養士は給料が低いと言えます。

稼げないと思った時にすべきこと

もっと、生活を豊かにしたい!と思った時にすべきことはたくさんあります。
その中で、オススメのものを紹介します。

副業で稼ぐ

1つ目は、副業をすることです。
仕事終わりの深夜にファミレスで仕事をしたり、休日に一日アルバイトをしたりするのも手です。
しかし、そのような副業の仕方だと、本業に支障が出てくるのがオチです。

オススメの副業は、パソコンで出来る簡単なものが良いです。
現在では、アンケートに答えるだけで稼げます。
時間が空いた時に、インターネットでさくっとお小遣い稼ぎをするのも良いです。

また、会員登録をするだけで、パソコンで仕事が出来るサイトもあります。
そこでは、サイトの記事作成などの仕事があり、空いている時間に出来るのでオススメです。
空いている時間だけ仕事をしていても、月に2~3万円程は稼げます。

ハンドメイドでお小遣い稼ぎ

2つ目は、ハンドメイドの商品を作ることです。
最近では、主婦の方でしている人が多いですね。

フリーマーケットのアプリで簡単に出品でき、簡単に売れます。
月によってバラバラですが、お小遣い程度にはなります。
器用な人には、オススメですが、不器用な人は難しいかもしれません。

パパ活という方法も

3つ目は、パパ活です。
パパ活は、最近よく聞くようになってきましたよね。
パパ活とは、簡単に言うと、あしながおじさんです。

お金持ちの男性に、デートに連れて行ってもらったり、食事をご馳走になったり、プレゼントをもらったり、お小遣いをもらったりすることです。

現在では、インターネットでパパを探すことも簡単です。
人によっては、毎月20~30万円程、稼いでいる女性もいます。
若い女性には、オススメです。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

以上が、栄養士で給料が安い!稼げないと思った時にすべきことです。
転職をするのも1つの手ですが、折角苦労して取得した資格を活用したいですよね。

栄養士を続けながらお金を増やしたい方には、副業やパパ活がオススメです。
方法はいろいろありますので、自分ができそうなことから初めてみてくださいね。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る