介護士として働いている方で給料が安いと感じている方が多いようです。
介護士の平均の給料は18万円前後です。

介護士として働くメリットは沢山あります。
近年の少子高齢化問題があるので人手不足の問題が解決されず余程のことがない限り職に困ることがない資格です。

しかし、重労働のわりに賃金が安いのもこの資格の特徴です。
やりがいを感じることは出来ますが、ひとり暮らしを始めたい方や家族を養わなければいけない立場の方のは少々厳しい給料になっています。

とは言え日本ではこうした問題を解決するために介護職における給料の改定が行われています。
将来的に広い視野で考えると給料が上がることも考えられます。

今回は介護士の給料が低いと感じている方へ向けて稼げないと思った時にするべきことをご紹介していきます。

資格を取得する

介護の仕事は介護士以外にも現場で使える資格が色々あります。
こうした資格を取得することで賃金のアップや、後の昇格にも影響していきますので、積極的に資格に挑戦していきましょう。
簡単に取得できる資格から、勤務年数が必要な資格まで様々ですが持っていて損はありません。

介護福祉士の資格はもちろん、サービス提供責任者やケアマネージャーなど介護士として働いていて最終的に所持しておきたい重要な資格も多いです。

他にも、専門知識に重点を置いた喀痰吸引等研修や行動援護従業者養成研修などの資格もあります。
資格を取るための勉強がそれなりに必要になってきますが、給料に資格手当をつけてくれる会社もあります。
現場で役に立つ資格ばかりなので知識を向上させるためにも出来ることから挑戦してみましょう。

自分に合った職場を選択する

職務内容的にはどこの介護施設も変わりはないですが、会社によって介護方法が異なります。
自分に合った会社を選んでみましょう。
訪問介護は利用者さんの自宅へ職員が向かい、訪問して介護をします。

時給で働く方だと移動時間は無給になってしまう会社もあります。
また、都内近郊だと訪問先までの移動手段が自転車に限られているというケースもありますので身体的に厳しくなっていきます。

しかし、利用者さんのお宅では一人行動が多いので問題解決能力やコミュニケーション能力は高めていくことが出来ます。
自由な時間も多いので開放的な職場でもあります。
施設介護で働く職員にはそのような移動の問題はありません。

多少スキルがなくても周りからの手厚いサポートを受けることが出来ます。
知識が乏しい間は施設介護で学んでいくという方もいらっしゃいます。

やりがいを常に感じていたい方は訪問介護の方が向いているでしょう。
このように自分に合った環境をまずは見直してみましょう。

副業を考える

給料が少ないと感じている方の多くは副業をしていることが多いです。
副業と言っても、会社にバレてしまうと職を失うことにもなってしまうので、そのような方は会社はバレない副業をしています。
色々な副業がありますので、自分に合った副業を始めてみましょう。

クラウドソーシングサービスを利用してお小遣いを稼ぐ

ネットで誰でも簡単にお小遣いを稼ぐことが出来ます。
自宅にパソコンがあれば効率よく稼ぐことが出来ます。

キャバクラやガールズバーなどのナイトワークで稼ぐ

週に1回の出勤でも高収入を得る事ができます。
華やか過ぎて私にはちょっと…と感じている方もキャバクラなどのナイトワークには一日体験という日払いの制度もありますので活用してみて下さい。

パパ活をおこなう

近年流行しているパパ活をおこなうことも収入を上げるための一つの方法です。
出会い系サイトなどを通して良いパパを見つけて下さい。
中にはお小遣いを定額でくれるようなあなたを応援してくれる紳士なパパに出会えるかもしれません。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

このように介護士として働き、給料が少なくて困っている方へ向けてどうするべきなのかをまとめて行きました。

給料を上げることはなかなか難しいですが、勤務年数を積み重ねて行けばそれなりに生活出来る給料を稼ぐことも出来ますので、安いからというだけで諦めてしまってはいけません。

資格取得支援制度や資格手当の報酬、副業をすることで給料を上手くカバーしていきましょう。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る