家庭の事情で大学の授業料が払えない。
両親には授業料はもらっていたのに、別のことにそのお金を使ってしまって払えない。
そういった大学生は少なくはありません。

大学生は人生の夏休みとも言われています。
授業も楽しいですし、友達も沢山できます。
アルバイトをして授業料を稼いでいる大学生も多いです。

しかし、学費は高いので、アルバイトでは学費を稼ぐことは困難です。
そんな学費が足りない!大学の授業料が払えないときの対処法をお伝えします。

1.学生課に相談する

大学の授業料は、半年か一年にまとめて支払わなければなりません。
相当な額になります。
では、その授業料が払えない時にどうすれば良いのか。

それは、学生課に相談に行きましょう。
どの大学にも、学生課はあります。
学費が払えないと確実に分かった時に、学生課に相談に行きましょう。

そうすると、支払期限を延ばしてもらえたり、分割で支払えるように手配してくれる可能性があります。
まとめて支払うのが困難な時に、オススメな方法です。

また、奨学金制度もあります。
学生課の人と相談して、上手く活用していきましょう。

2.休学もしくは退学する

学費を払えない大学生は、休学することが一番多いです。
休学中は授業料が発生しません。

毎日アルバイトをして、授業料が貯まったら復学する。
といった大学生が多いです。

もしくは、退学をすることも1つの手です。
授業料を払えないまま大学に通っていると、除籍になります。
除籍とは、大学に合格し授業を受けて単位を取っていたこと自体がなくなることです。

どうしても授業料が支払えない。
このままでは除籍させられてしまう。
そういった時は、自ら退学をすべきです。

入学したこと自体がなかったことになるので、今後のことを考えると退学する方が良いでしょう。

3.学費を稼ぐ

休学も退学も嫌だ!
と言う人は、頑張って授業料を稼ぐしかありません。
効率良く学費を稼ぐための方法を2つ紹介します。

高時給のアルバイトをする

1つ目は時給の高いアルバイトをすることです。
夜のお仕事と言われる、キャバクラやガールズバーは時給が高いのでオススメです。
しかし、大学生だと未成年の可能性もあるので働けません。

成人していても、夜遅くまで仕事をしてしまうと睡眠時間が短くなり、授業に差し支えてしまいます。
授業料の為に夜の仕事をしているのに、夜の仕事のせいで授業に集中出来ない。
というのは、本末転倒ですよね。

また、大学生で夜のお仕事をしていると、大学中で噂になり、大学に行き辛くなったという人もいます。
なので、あまりオススメ出来ません。

パパ活する

2つ目は、パパ活をすることです。
パパ活とは、お金持ちの男性と親子のような関係を持ち、金銭的支援をしてもらうことです。
人にもよりますが、パパとご飯を食べに行ったり、買い物をしたりするだけで1日3万円をもらう女性もいます。

定期的に会う約束をして、月に20万円程をもらっている女性もいます。
また、大学の授業料を全額支払ってもらった女性もいます。
働かなくても、お金をもらえるなんて良い関係ですよね。

また、パパ活のメリットは、金銭面だけではありません。
お金持ちの男性と同じ時間を過ごし、会話をする中で、女性としての教養が身につきます。
社会人になる前に、社会人として必要なものを学ぶことが出来ます。

また、お金持ちの男性に見合うように努力をするので、女性として磨かれていきます。
このように、パパ活は大学生にオススメです。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

以上が、学費が足りない!大学の授業料が払えないときの対処法です。
大学の授業料を自分で支払う大学生は増えています。
そんな、大学生が少しでも楽をしてお金を得ることが大切です。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る