デザイナーと言っても色々なデザイナーさんがいると思います。
最近ではインターネットの普及によりWEBデザイナーの仕事も増えてきています。
会社のロゴマークを作ったりHP事態を制作したり運用をしていくお仕事です。

しかし、デザインをする方と依頼主さんの意向をすり合わせることが難しくトラブルも多い仕事です。
ある程度知名度のあるデザイナーさんであればそのようなトラブルも少なくなっていきます。

一見お洒落な仕事に見えますが、依頼主の納得のいくデザインを制作することになっているので給料は比較的安く設定されていることが多いです。

今回はデザイナーの給料が安いと感じた時にどのようにしたら良いのかをご紹介していきます。

スキル向上!自分の腕を磨く

デザイナーさんは絵を書くことが全てではありません。自分の好きなデザインを作っているだけではお仕事になりませんよね。
ある程度のデザインの知識や近年のトレンドの把握、臨機応変に対応できる柔軟なコミュニケーション能力が求められています。

人と話すことが苦手な方も多いと思いますが、色々なデザインのイベントへ足を運びデザイナー同士の輪を広げていきましょう。
同業者から学べることは非常に多く、自分の役にも立ちます。

このような情報の共有の場から新たなお仕事の展開へと繋げることもできるので、人脈を広げていくことは大切です。

また、WEBデザイナーの場合はデザイン、コーディング、ワードプレス構築技術、ディレクション業務など少しでも苦手な分野を幅深く学んでいくことをおすすめします。

知識が多ければ多いほど柔軟に対応できる能力が養われます。

在宅ワークを利用する

デザイナーのお仕事は会社へ出勤していなくてもできる業務内容がほとんどです。
そのため、在宅でのお仕事も可能になっています。インターネットの普及によりパソコンを使った業務が多くなりました。

そのため、どこの会社も人手が足りていません。
人員を増やそうとしても社内に人員を確保するための座席が追いつかずデザイナーの求人をやむなく在宅でできる方を探しているといった環境が増えてきています。

本業とは別に在宅でお仕事をすることで副業としてお小遣いを稼ぐことができます。
名刺制作やロゴマークなどの簡単なものから、HP制作、既存サイトのUIの更新など色々なお仕事があります。

作業内容によって金額は様々に設定さてていることが多いですが3万円~10万円は副業で収入を増やすことができます。
手の空いた時間が確保できるようであればスキルを活かしてみてください。

近年話題のパパ活をしてみる

最近「パパ活」という言葉が流行っています。リッチな男性と仲良くして擬似的な親子関係を気付いていきます。
一緒に食事をしたり買い物へ出かけたりするだけでお小遣いをもらうこともできます。

パパいなる男性はお金はあるけど、家に帰っても癒やしの場所がなく寂しい方が多いです。
そのため、女性はパパへ癒やしを提供できなくてはいけません。

このような「パパ活」は出会い系サイトを通して行われることが多い傾向にあります。
スマートフォンアプリを利用すれば安全かつ安心して利用でき、やめたい時にやめられるのでおすすめです。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

・自分の苦手な業務を克服し、依頼主の意向に沿った提案ができるようにスキルを向上させる
・デザインのイベントへ参加して近年のトレンドを把握し、コミュニケーション能力を磨く
・在宅でのデザインの受注をおこなうことで副収入を得る
・リッチな男性と出会いパパ活を通して金銭面での援助をしてもらう

このようにデザイナーとして働いている方へ向けて給料が少ないと感じた時にどうしたら良いのかをまとめていきました。
時代に乗り遅れることが最大のデメリットとなってしまうので最新のデザイン情報にはいち早く気づけるようにしておきましょう。

デザイナーとしてのスキルは持っているので、あとは多方面に手を出してみて下さい。自ら行動へ移すだけで収入も増えていきます。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る