ダンサーを目指す女性は多くいます。
はじめは日頃の運動不足の解消だったり、身体を動かすことが好きだったりきっかけは様々です。
ダンスを続けているうちにプロへなりたいと感じている方が多いようです。

しかし、趣味だったダンスでお金を稼ぐことは難しいです。
プロになるわけですから、求められるダンスのスキルも高くなっていきます。
自分のダンスのスキルを向上させなければならない時がやってきます。

そうなるとお金もかかり、時間も労力も消費します。
そこで挫折してしまう方が多い傾向にあります。
今回はダンサーになりたいけど現実的に考えると難しい…とお悩みの方へ向けて今からできる3つのことをご紹介していきます。

その①:自分が目指すダンサーの方向性を決める

ダンサーと言っても様々なジャンルがあります。
ストリート系ダンサー、ミュージカル、ショーのダンサーなど人により様々です。
まずは自分がなりたいと思うダンスの方向性を定めていきましょう。

違いがイマイチ分からないと言う方は実際にそのダンスを見に行くことをおすすめします。
ストリート系のダンサーでは危険なパフォーマンスに圧倒されることもあるでしょう。

また、ミュージカルで活躍するその姿はストリート系ダンスと優雅なバレエを取り入れた動きなどに感動もします。
動画がDVDなどでも問題ありませんが、実際に自分の目で見ることで得られるものは違ってきます。

その目で確かめて本当に目指したいダンサーのジャンルを絞ってみましょう。

その②:ダンサーになるために必要なお金を計算する

ダンサーになるためには自分のスキルを向上させる必要があります。
色々なダンスを複合して覚えると幅広いジャンルの中で活躍が出来るようにもなります。
また、一夜でスキルが身につくものではありませんので時間もかかります。

早くダンサーになるためにはダンススクールだったりネットで研究したりプロの指導を受ける事が必要です。
ダンススクールの中でも体験レッスンをおこなっている場合がありますので積極的に申し込みをしてみましょう。

本格的にダンスを学んでいる方の中には海外へ留学してダンスを学んでいる方も多いです。

もしも今後、自分の夢が大きくなった時や講師やプロのダンサーから留学を勧められた時ににいつでも対応できるように貯金もしておいた方が良いでしょう。

ある程度の見積もりをだして、ダンサーになるためにはどれくらいの貯蓄が必要なのかを考えましょう。

その③:応援してくれる男性を探す

お金ないことが理由でダンサーを諦めてしまっては勿体ありません。自分でも稼げる方法はいくらでもあります。
その中の一つの方法として近年流行っている「パパ活」を利用してみるという手段もあります。

パパとなる方は金銭的に裕福で既婚している方が多く、妻以外の女性からの「癒やし」を求めていることが多いです。
癒やしを提供する代わりに金銭的援助を受けることが主流になっています。

最近ではネットを利用した「パパ活」が増えてきています。
年収や趣味趣向、外見などの情報をやり取りする前に確認できるメリットがあることから、出会い系サイトを利用している方が多いです。

昔に比べると出会い系サイトも悪質なものが減り、素敵な男性が探しやすくなっています。
少しでも興味のある方は一度登録してみて下さい。

ちなみに、ワクワクメールを利用すれば、たくさんお小遣いがもらえるお金持ち男性を見つけることができます。

まとめ

・自分がなりたいダンサーの方向性を決める
・ダンサーになるために必要なお金を計算する
・応援してくれる男性を探す

このようにダンサーになりたいけど金銭的に余裕がなく、どうしたら良いのかお悩みの方へ向けてどのようにしたら良いのかをまとめました。

プロのダンサーになるには色々な事務所のオーディションへ応募する必要があります。
自分のスキルに自信がついた時は積極的に応募してきましょう。

ダンスを続けていくことは健康的にも心身的にも良いことです。
あまり深く考えすぎずに自分のペースでダンスを覚えていきましょう。

そのためにも今から自分でできることは積極的に取り組んでいきましょう。

ちなみに、パパ活について詳しく知りたい方は以下のページもチェックしてみてください。

あなたはパパ活で毎月どのくらいのお金がほしいですか?
ここでは条件ごとに最適なパパ活方法をご提案させていただきます。

10万円稼ぎたい20万円稼ぎたい

50万円稼ぎたい100万円稼ぎたい

最新のパパ活情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なパパ活情報が受け取れます。



メールアドレス

「パパ活する理由」のページに戻る